« | »

2015.11.11

FX トレード手法 1時間足を使ったスイングトレード

どうもエリパチです。
さて本日は今現在のメイントレード手法である1時間足を使ったトレードについて書きたいと思います。
前回の記事をスキャルピングで勝てなかった理由を見てない方は、先にこちらをご覧下さい。

1時間足を使ったトレード手法と一言で言っても色々あると思うんですが、僕の場合1時間足を使ったスイングトレードです。
5分足のスキャルピングでは5銭、10銭を狙っていましたが、1時間足を使ったスイングトレードでは50銭~200銭を狙います。
※ちなみにスイングトレードでは数時間~数日の間で取引をする手法の事

これが僕が行き着いた答えです。
何故このトレード手法を選んだかですが、

■1時間足を使ったスイングトレードを選んだ理由① 手数料の割合が少なくなる
1回の取引で50銭~200銭程度を狙っていくので、損益に対する手数料の割合が少なくなります。
例えばドル円で100銭を取るとドル円のスプレットは0.3銭の為、損益に対する手数料の割合が0.3%と非常に低くなります。
これはとても大きいです。

■1時間足を使ったスイングトレードを選んだ理由② 勝率が高い
これはあくまで過去のチャートを使った検証結果と、今その戦法を使って実際に取引をした結果でしかないのですが、とにかく勝率が高いです。
その理由として考えられるのはストップ狩り等にあいにくい事や、長期足を基本に見る為、流れに乗ったトレードがしやすいという事だと思います。

後はだましに合いにくいです。
だましとは本来市場がそちらの方向に向いていないのに一瞬だけブレイクアウトして、さもぐんぐん伸びるようにみせかけて、直ぐ戻ってくるパターンです。
例えば新たな高値を更新してここだーと思ってエントリーした途端に反転してきて含み損を抱える。こんな経験はありませんか?
僕はこの餌食になりまくりましたw

ただ1時間足だと高値を更新してなお、1時間以上その高値以上で推移する事が出来るかがローソク足に反映されるのでだましに合いにくいです。
1時間足だとだましはただの髭になるので、ノイズとしてフィルターをかけられるので、より正確なトレードがしやすいと思います。

■1時間足を使ったスイングトレードを選んだ理由③ パソコンの前に座っている時間が少なくて済む。
一回に取る値動きが多いため、一度エントリーすると決着が付くまでに数日掛かる事がざらです。
時間効率等は多少落ちるかもしれませんが、ほとんど放置しているだけで良いです。
またチャートをずっと見ていると少し反転してきただけで、「やばい」とか考えますが放置していればチキン利食いやチキン損切りもしなくて済むので精神的に楽です。

僕が1時間足を使ったスイングトレードを選んだ理由はそんな所でしょうか、次回はデメリットについて書きたいと思います。


役にたったな~面白かったな~と思ったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

アクセスランキング